利用残高に対して利息が発生するため、月々の支払額が少ないと残高はなかなか減りません。

リボ払いとは

 

クレジットカードの機能の一つで分割払いの一つです。
クレジットカードを利用する際の支払い方法には一括払い、3回払いなどの回数を決めて支払う分割払い、そして定額を支払うリボ払いがあります。

 

リボ払いと分割払いの違い

例えば100,000円の買い物をしたとします。
分割払いの場合、10万円の買い物を5回払いにして利息はつきますが、約20,000円の支払いと、その他の使用分の支払いを合わせて支払います。

 

例えば他に70,000円の支払いがあったとしたら、合計約90,000円の支払いが発生するわけです。
リボ払いは全ての金額を合わせ、一定の金額で支払うことになります。100,000円の買い物と他の70,000円の支払いをまとめて定額で支払うのです。いくらの支払いかは決めることができます。

 

例えば50,000円の支払いにしたとしたら、他の使用分も含め。毎月50,000円支払います。
しかし、そこに必ず利息はつきますし、払いきれなかった金額はどんどん膨れ上がって借入額が増えていく危険性があります。

 

リボ払いの危険性

リボ払いにはポイント還元が高く設定されていることが多いです。
一見お得に見えますが、実はリボ払いの利息は高く設定されていることが多く、十分な元を取れる様に設定されていません。

 

また、借入額がどんどん増えていっているので、気がついたときにはとんでもない金額に膨れ上がっており、いつの間にかカードの使用限度額を越えていて、カードが使用できないことになる場合もあります。

 

一度リボ払いに設定しても、後で一括払いで支払うことも可能なので、こまめに明細を確認しておくことが重要です。
高額のものを購入する際には、一時的にリボ払いにするか分割払いにして、お金がまとまった時に一括で残金を返しておいたほうがいいでしょう。