クレジットカードの裏面の署名欄に印字されている数字7桁のうちの下3桁のことを指します。

セキュリティコードとは

 

セキュリティコードとはクレジットカードの裏面の署名欄の上に印字されている数字7桁のうちの下3桁のことを指します。

 

クレジットカードによっては3桁のみしか記載されていなかったり、4桁と3桁の間にスペースが入っているものや4桁のセキュリティコードが設定されている場合もあります。

 

セキュリティコードにはクレジットカードの磁気情報には入っていないので、カードリーダーなどで、読み取られる心配はありませんし、カードの利用伝票に印字されることもありません。

 

また、インターネットでの通信販売などでクレジットカードを登録したり、引き落としなどでクレジットカードを記入しなければならないときにもセキュリティコードを記載する必要もないので、カードを所有している本人のみが知りえることのできる情報となっています。

 

 

なぜセキュリティコードがあるのか

インターネットの通信販売などを使用する際、購入する時にセキュリティコードが必要なことがあります。セキュリティコードを入力することで、本人証明をし、不正利用や偽造カードの防止のために使用します。
万が一、クレジットカードの番号などの情報が流出した場合でも、使用ができないように設定されているものです。

 

しかし、中にはセキュリティコードが設定されていないクレジットカードもあります。
安全性を考えるのであれば、セキュリティコードが対応されているクレジットカードに乗り換えるのも良いでしょう。

 

しかし、100%安全なわけではありません。フィッシングサイトなどでセキュリティコードを記入してしまえば、不正利用に繋がってしまう恐れがあります。
インターネットで通信販売を使用する際には十分信用ができるところを使用するようにしましょう。

 

クレジットカードのキャッシング機能