流通系クレジットカードは審査が甘く、銀行系や信販系カードは審査が厳しいとされています。

クレジットカードの審査基準

 

クレジットカードの申し込みをした時に、クレジットカード会社によってカードを作れたり作れなかったり等が起こります。
これはクレジットカード会社によってカード発行時の審査基準が異なるためです。

 

クレジットカードの審査の方法は一緒

クレジットカード会社がどこであれ、申し込み方法も審査方法もさほど変わりはありません。
どのクレジットカード会社も、申込者の情報を個人信用情報機関に照会するなどして、申込者の利用状況などを調べます。

 

しかし、審査の基準がクレジットカード会社によって異なります。そのため、審査が甘い・厳しいなどの違いが出てきます。

 

クレジットカードの審査が甘いと言われるカード

流通企業の発行している「流通系クレジットカード」は顧客の獲得や集客や販売促進を一番の目的としている「営業戦略」が主体となっているので、比較的審査が甘いクレジットカードと言えます。

 

特に、イオングループで使用できる「イオンカード」、インターネット上の大手ショッピングモールである楽天市場で使用できる「楽天カード」は流通系カードの中でも審査が通りやすいクレジットカードだと言われています。

 

このような流通系のクレジットカードには入会時にポイント還元などがあります。
しかし、ポイント還元などを狙うために、色々なクレジットカードに同時に申し込んでしまうと、それだけで審査に落ちてしまいます。

 

申し込みは1社に絞ることと、収入によりクレジットカードの発行枚数も限られてくるので、良く考えた上でクレジットカードの申し込みを検討しましょう。

 

クレジットカードの審査が厳しいと言われているカード

三菱東京UFJなどの銀行系カードやジャックスなどの信販系カードは審査が厳しいとされています。
しかし、付帯されているサービスが審査が甘いものよりも高くなっていることが多いです。

 

こちらもチェック!

au WALLETクレジットカード