一般カードとの大きな違いは、厳しい審査があり、収入によりその使用限度も変化します。

ステータスカードを持とう

クレジットカードを持っている人ならば、ゴールドカードの様なステータスカードを持ちたいと思ったことは多くあるようです。
ゴールドカード保持者のみの特権が多くあることもその魅力の一つです。

 

一般カードとステータスカードの違いとはどのようなものでしょうか。

 

 

ステータスカードと、一般カードの違いとは

 

ステータス

一般カードとの大きな違いは、ステータスカードには厳しい審査があり、収入によりその使用限度も変化します。
社会的な地位を持つものだけに許されるゴールドカードを持っているということで、海外でのホテルなどの利用の際にはクレジットカードの提示をしますが、部屋のクラスをアップグレードしてもらえたり、VIP扱いをされることもしばしば起こります。

 

近年ゴールドカードを持つ審査の難易度も比較的低くなる傾向があり、たとえば、三井住友VISAカードの一般カードをすでに持っているとキャンぺーンでのお知らせでゴールドランクにクラスアップなどもあります。

 

 

年会費

年会費が一般のカードに比べると高いのもゴールドカードの特徴です。
今では、年会費無料のカードも多くある中で、2万円以上のゴールドカードもありますが、補償や、特典サービス、などを上手に利用した場合には年会費は軽く元が取れるのもゴールドカードの魅力です。キャンペーンなどで、初年度は年会費無料になる場合もあります。

 

 

手厚い補償

ショッピングでのトラブルに対応できる保険は、ゴールドカードならば年間300万~500万円もの補償があります。
一般カードには、全くないものやあっても最高50万~100万円程度です。

 

 

旅行保険

国内、海外ともに旅行保険が自動的についています。
特に海外旅行を頻繁に行う場合には、いちいち保険を掛ける手間が省け、普通旅行の保険は掛け捨ての為、年会費の金額など以上になることも多くあります。
病気になったときに、現地のデスクでのサービスなども受けることができ、現地での支払いをゼロにできることなども出来る場合もあります。

 

 

空港ラウンジ

ステータスカードを持っていると、空港のラウンジが無料で使用可能となります。
海外旅行などを良くする場合には、待ち時間を快適に過ごすこともできます。
ラウンジには、フリーフード、フリードリンク、マッサージ器、シャワーなどもあります。

 

 

コンシェルジュサービス

24時間どこに居てもコンシェルジュサービスが、電話1本で受けることができ
コンサートのチケット、予約のとりにくいレストランの予約なども可能です。
ゴールドカードの指定のレストランでは2人で食事した場合、一人分がタダになるところもあり
3万円近く得をすることもあります。

 

 

ポイントが早くたまる

ポイント制度の割合も、ゴールドカードの場合にはより多くつき
マイルをためて、無料の航空チケットを目指すならばお得にたまります。